0120-531363
  • スタートラストのコーティング専用ブースです。
  • プロテクションフィルム
  • コーティング専門店スタートラストについて
  • ボディーガラスコーティングについて
  • ダフネスガラスコーティングについて

ヘッドライトの黄ばみや白ボケから守る、プロテクションフィルム登場!

ヘッドライトの劣化は、愛車の「古さ」を感じさせる最大の要因・・・

一昔前まではヘッドライトはガラスで出来ていたため、劣化症状に悩まされることはありませんでしたが、近年、樹脂製のヘッドライトに変わってからというもの、様々な劣化症状に悩まされるようになりました。主な症状としては黄ばみ、白ボケ、ひび割れ、クリアはげなどです。

これらの症状は、早ければ新車購入後2~3年ぐらいから発生してしまうものもあります。ヘッドライトの劣化症状は、あからさまに車を古く感じさせてしまいますので、気にされる方が非常に多いです。。。これらの症状をおさえる為の有効な手段としては、今まではコーティングまたは被膜になる樹脂の塗布ぐらいしか方法がありませんでした。しかも、これらの手段も「発症する時期や症状の進行を遅らせる程度の効果」しか得られなかったのが正直なところです。

超長期でヘッドライトを守る究極のカタチ!プロテクションフィルム

ヘッドライトプロテクションフィルム 料金表(税別)

- 全サイズ共通
施工代 15,000円
フィルム代 ※車種ごとで変わります。目安:5,000~20,000円

※料金は「施工代」と「フィルム代」の合計となります。
※中古車や中古品への施工は「研磨が必要になります」ので、事前にお問い合わせ下さい。

ヘッドライトの黄ばみを作る最大の原因は、「紫外線による影響」でした。
現在車のヘッドライトは、一般的にポリカーボネートというプラスチック樹脂から作られています。ポリカーボネートやヘッドライトを保護するために塗られているハードコート層は、紫外線によって変質し、黄ばみや曇りを発生させてしまいます。ヘッドライトプロテクションフィルムは、フィルム自体が紫外線を約93%以上カットすることで黄ばみや劣化を防ぎます。
日常の環境を擬似的に作り出すサンシャインウェザーメーターという機械によって、ヘッドライトにフィルムを貼った部分と貼らない部分で5年間あたる時間を設定し、試験を行いました。その結果、フィルム貼付部位は透明な状態を維持し、未貼付部位は激しく黄ばんでいることがわかります。
飛び石などの、キズによるダメージから守る。
水垢などの日常的に蓄積する汚れを防ぐ。
フィルム表面の撥水防汚機能(コーティング機能)を持った保護層が、日常的に付着してしまう汚れをしっかりシャットアウトしてくれますので、長期美観維持が可能となります。
車検などで計測される「光量」の心配はありません!完全車検対応。
ヘッドライトプロテクションシステムはフィルムを貼った後に、道路交通法上の保安基準で定められている光量不足になる心配はありません。無色で高透明な無黄変ポリウレタンフィルムを使用しておりますので、弊社で行った車検の保安基準による光量試験において、問題無く車検に通る結果を得ています。
※フィルム施工後、使用環境やメンテナンス状況によっては、車検時に施工したフィルムを剥がす必要がある場合がございます。

ヘッドライトプロテクションフィルムの施工風景:Part1

ヘッドライトプロテクションフィルム 料金表(税別)

- 全サイズ共通
施工代 15,000円
フィルム代 ※車種ごとで変わります。目安:5,000~20,000円

※料金は「施工代」と「フィルム代」の合計となります。
※中古車や中古品への施工は「研磨が必要になります」ので、事前にお問い合わせ下さい。

代車は無料で貸出致します!

当店では、全てのお客様に代車をご用意させていただいております。代車の利用料はもちろん「無料」です(ご使用になられた燃料代だけご負担いただきます)。代車の種類は様々ですが、2017年現在は以下の内容でご用意させていただいております。

タント
N BOX
スマート
ポルテ
ポルテ
ポルテ
MPV
メルセデス
LS

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

スタートラストの主な取り扱いメニュー

親水・疎水系ボディーコーティング
超撥水・滑水系ボディーコーティング
ホイール・内装・窓ガラスコーティング
ウィンドウフィルム
各種ディテーリング
各種リペア(タッチアップ・デント・板金塗装)

pagetop

お問合せお問合せ
ラインでお問合せラインでお問合せ
0120-531-3630120-531-363