親水コーティング施工後に付いてしまった雨ジミの除去方法について | 名古屋市のカーコーティング専門店「スタートラスト」

名古屋のガラスコーティング(グラスコート)専門店スタートラストHOMEへ

スタートラストへメールでのお問い合わせ

0120-531-363

スタートラストTOPページへ

スタートラストTOPページへ

親水コーティング施工後に付いてしまった雨ジミの除去方法について

   

親水型コーティングを施工いただいたお車でも、ボンネットやルーフなど水滴が残りやすいパネルには、どうしても雨ジミ(ウォータースポット)が付いてしまうことがあります。もし付いてしまったら、今まででしたら専門の業者に頼んで研磨・除去作業をする必要がありました。

 

当店では、当店が提供しているコーティング剤(被膜)との相性を徹底的に合わせて、雨ジミ(ウォータースポット)を簡単に除去できるクリーナー「PROクリーナー」を開発し、提供させていただいております。

 

使用方法が分かりにくい、などの声にお応えし、今回ユーチューバーっぽく動画を作成してみました(笑)

 

このように、今までなら「取れない!」って諦めておられたような大量の雨ジミでも、DIY感覚で楽しみながらあっさりと除去できますよ!

 

「PROクリーナー」については、当店のHP内にあるメールやLINEからお問い合わせいただければ詳しくご説明させていただきます♪もちろん販売も、ヤマト便または西濃運輸の商品代引きにてお送りできますので、ご興味のある方はお問い合わせください👍

●スタートラストのHPはこちら↓

https://start-trust.jp

 

 - お知らせ, コーティング, ディテーリング, ブログ, ボディーコーティング

お問合せお問合せ
ラインでお問合せラインでお問合せ
0120-531-3630120-531-363