プロテクションフィルムをがっつり施工:Part① #プロテクションフィルム #メルセデスオールテレイン | 名古屋市のカーコーティング専門店「スタートラスト」

名古屋のガラスコーティング(グラスコート)専門店スタートラストHOMEへ

                       

スタートラストへメールでのお問い合わせ

0120-531-363

スタートラストTOPページへ

スタートラストTOPページへ

プロテクションフィルムをがっつり施工:Part① #プロテクションフィルム #メルセデスオールテレイン

   

今回はメルセデスベンツEクラスのオールテレインに、プロテクションフィルムをあちこち施工する仕事を頂戴いたしました。

 

 

いい顔つきしてますね(笑)

 

今回の施工は以下の通りです。

●プロテクションフィルム

・フロントバンパー(メーカーマーク、グリルフィン含む)

・ヘッドライト

・ドアステップ

・リアバンパーラゲージ

・ドアハンドル

●コーティング

・樹脂パーツすべて

・ホイール裏表

●カーフィルム

・リア全面IRカットタイプ

 

メニューが多いので、日をまたいで順番に施工していきます。まずは、プロテクションフィルムの中でも比較的時間のかかる「型なしパーツ部分」を先に進めていきます。

 

型なしとは・・・プロテクションフィルムは通常、プレカット(事前に車の形に合わせてカット)されたものを使用します。しかし、すべての車種、またはすべてのパーツの型がある訳ではないので、プレカットができない車種・パーツがたくさんあります。

 

その場合、我々施工者が自分でカットしなければならない為、大変手間と根性が必要なんです(笑)

 

まずはここからいきます↓

 

リアバンパーの上面にあるシルバーのパーツと、ラゲージルーム内のシルバーメッキのパーツです。(なかなかめんどくさそうな形してます・・・(笑))

ではいきましょう。

 

プロテクションフィルムの施工用に、作業台を特注(-_-;)こだわった仕事をするって、お金がかかります。。。

 

こんな感じで使用します。

 

そうです。ごみの混入を防ぐために、水を流しながらフィルムを剥がしたりする作業のためのものです。

きれいに剥がしたら、パーツに貼り付けていきます。

 

 

 

ここからカットです。

 

 

 

 

 

次のパーツはラゲージルーム内になりますので、水浸しにしてはいけませんので、パーツを外して施工します。

 

簡単に外せるんだー!と思うでしょ?んな訳ないっ(笑)高級車は、凝った作りをしてますからー、、、残念。。。

 

 

 

 

 

 

今日はここまでにします。明日はバンパーの予定をしておりますので、ブログ更新お楽しみに♪

 - AGENT-T, プロテクションフィルム, 職人の目線

お問い合わせお問い合わせ
0120-531-3630120-531-363