簡易コーティング(ワックス)にご注意! | 名古屋市のカーコーティング専門店「スタートラスト」

名古屋のガラスコーティング(グラスコート)専門店スタートラストHOMEへ

スタートラストへメールでのお問い合わせ

0120-531-363

スタートラストTOPページへ

スタートラストTOPページへ

簡易コーティング(ワックス)にご注意!

   

みなさま、こういう症状に悩まされたことはございませんか?

 

 

指と指の間をよくご覧ください。小さな黒い点々が無数にあるのが分かりますでしょうか?

 

これ、ボンネットに付いていたものなのですが、いわゆる「拭き残し」のような跡なんです。

 

 

 

「あれ?以前の洗車の時には、こんなの無かったのに・・・」

 

こんな経験ございませんでしょうか?

 

もしかしたら、最近よく出回っている簡易的なコーティング剤やワックスなどの影響かもしれませんので、ぜひご注意ください!

 

 

というのも、〇〇ウォーターや拭くだけのワックスなどは、きれいなボディーに塗ると塗り筋や拭き筋がほとんど見えないんですね。

 

で、それを放置してしまうとコーティング成分やワックス成分に汚れが付き、それがそのまま固まってしまい、洗車しても取れない・・・という事になってしまうんですね。まさしくこれがその跡です。

 

 

じつはこれと同じような模様を、新車でも見ることがあります。特に多いのが

 

TOYOTA プリウス C-HR

 

です。これは僕の推測ですが、おそらくメーカーからディーラーへ届く際に、事前にボディーへ保護剤か何かを塗って納車されているんじゃないかな?と思います。で、それがおそらく簡易的なワックスだと思うんですね。なので、特にプリウスなんかは新車なのにルーフの一番前に「え?何かで拭いたような跡がおもいっきりついてるけど、何??」とぃう経験がとても多いのです。

 

 

手軽にワックスが効くから、と手抜き作業をしてしまうと、後でしっぺ返しをくらうことがありますので、ぜひご注意ください!

 

 

【※今日のポイント!】簡易コーティングや簡易ワックスを塗った後は、必ず乾いたきれいなクロスでから拭きをしてください!そうすれば上述のような症状は軽減されるはずです♬

 - AGENT-T, ブログ

お問合せお問合せ
ラインでお問合せラインでお問合せ
0120-531-3630120-531-363