スタートラストはコーティングに1週間かける
世の中に出回っている商品すべてに言える事だと思いますが、コーティングにも本物と偽物は存在しますし、効果の高いモノから低いモノまでさまざまあります。

それらをどうやって見分けるのか?

残念ながら、現状では商品名や見た目だけで見分けるのは難しいと思います。だからこそ専門店やプロがが存在しているのですが、しかしながら専門の我々でも、液体状のコーティング剤や施工後のボディーを単に見ただけでは「それがどういうものなのか」は全く分かりません。コーティングの善し悪しは施工してから年数が経過しないと分からないのが実情なのです。

だから当店では、どのコーティングが良い・悪いではなく、一つのコーティング剤を最大限に生かすために、効果を最大限引き出すためにやるべき事が何なのか?を突き詰める事で、「本当に効果がある本物のコーティング」をご提供させていただいています。

1年や2年ではなく、10年以上もの歳月をかけ、スタートラストが今でも積み重ね続けている「効果が出るコーティングを施工する為のノウハウ」をぜひ頼ってください。全力で皆様のカーライフをサポートさせていただきます。

なぜコーティングに1週間もかけるのか?のお話

当店がコーティングの施工に長い日数を頂いている理由は、大きく二つございます。

▶Point① 1塗りごとに8時間の乾燥時間をかけるから

コーティング剤の化学的データを理解しているお店では、必ずコーティングの施工環境にこだわっています。施工環境にこだわらないと、コーティング剤の効果を引き出すことが出来ないからです。施工環境については別ページで詳しく説明をさせていただいておりますので、そちらをご覧ください。

下図は、当店のオリジナルコーティング剤を作っていただいているメーカーが提供してくれた「コーティング剤が形成するコーティング被膜の実験データ」です。
●低温状態でのコーティング被膜の硬度変化について
グラフ1
●適温(25℃以上)状態でのコーティング被膜の硬度変化について
グラフ2
上図を見ていただければ一目瞭然ですが、コーティング剤の持つ効果を引き出すためには「25℃以上の環境で8時間以上置くことが必要」です!だから、コーティングを施工するために必ず必要になる環境が「温度(かつ湿度)をコントロールできる空間」なのです。

スタートラストでは室温と湿度をともに調整できる施工ブースをいち早く導入し、コーティング剤の効果を最大限まで高めるための施工をしています。

※スタートラストの施工環境について詳しくはコチラ>>
▶Point② 徹底的に下地処理に時間をかけているから


以下の写真は、実際に当店に入庫した「新車」です。新車でも、様々な症状が発生しているものがほとんどです。何故かというと、メーカーで作られてからお客様のもとに来るまでに、何十人もの人を介していたり、外環境に置かれる時間が長かったり、汚れたボディーを雑多に拭き上げたりなどなどさまざまな要因があるからです。当店では、新車であってもすみずみまで点検し、発生している各症状を可能な限り除去作業をしておりますので時間がかかるのです。
  • BMW新車のボディーチェック①

  • 研磨作業1
  • 写真に細かなキズが写りにくいので、一番見やすかったリアバンパーでご説明させていただきます。この距離ではとてもきれいな状態に見えると思います。

  • BMW新車のボディーチェック②

  • 研磨作業2
  • 先ほどのバンパーを拡大したところです。写真中央、左下のライト光源から右上にかけて斜めに線キズがたくさん入っているのが見えますでしょうか?この部分だけ見ても、おそらく100本以上の細かな線キズが入っています。

  • 下地処理をすると①

  • 研磨作業3
  • 新車でも研磨が必要です。ただし、やみくもに磨けばよいという事ではありません。せっかくの新車の塗装を削り込みたくありませんので、出来るだけ浅く、出来るだけ柔らかく研磨していきます。

  • 下地処理をすると②

  • 研磨作業4
  • 写真中央、左下のライト光源から右上にかけて斜めに線キズがたくさん見えていたものが、キレイに無くなったのが分かりますでしょうか?ここまでやって初めてコーティング剤を塗る準備が出来るのです。

  • 研磨風景①

  • 研磨作業5
  • この作業は、どこまでこだわってやるのか?がとても重要です。時には這いつくばって下回りまで研磨処理をしなければならないお車もあるのです。しかし、大規模なお店になればなるほど単なる従業員やアルバイト的なスタッフさんでは、そこまで徹底した作業をしてくれることが期待できません。大手コーティング店やディーラーさんなどのコーティングが不評なのは、そういう理由が大きいのです。

  • 研磨風景②

  • 研磨作業6
  • スタートラストでは、お客様からの満足度やお褒めの言葉、もちろんお叱りの数などを徹底的に意識しておりますので、代表の私は当然のこと、スタッフ一人ひとりも真剣に、そして社風だけでなく個人個人のこだわりも持って作業してくれています。コーティングは施工がゴールではありません。施工が美観維持のスタートラインです!

上の写真を見てお分かりの通り、新車でもしっかり時間をかけて下地処理をする必要があるのです。スタートラストでは、すべてのお車に必ず下地処理をします。下地処理の方法や内容は、それぞれのお車の症状に合わせてすべて変えています。

●まとめ|スタートラストの施工日数について

①コーティング剤を1層塗るだけで約10時間かけなければならない。2層なら20時間、3層なら30時間です。

②下地処理にしっかり時間をかけています。新車なら1日、新古車なら1~2日、経年車なら丸2日以上も磨き続ける事があります。
スタートラストではコーティング作業に1週間かけますスタートラストではコーティング作業に1週間かけます
スタートラストからのお約束。1週間で、

・隅々までお車の状態をチェックします!

・お車の美しさを最大限まで引き出します!

・お車に強固なコーティング被膜をまとわせます!

取扱いメニュー一覧

当店では長期実績のある「ガラスコーティング」、最新技術で開発された「セラミックコーティング」、これらを組み合わせた「ハイブリッドタイプ」を取り揃えております。

また、施工対象である各素材(アルミや皮革など)に合わせて、コーティング剤やバインダーの有効成分含有率を最適に組み合わせてご提供させていただいております。

スタートラストのコーティングは、長年の経験と実績をしっかり生かした「効果のあるセッティング」がウリです。

コーティング・ディテーリングお役立ち情報

コーティング専門店だからこそのこだわりをご紹介!

いろいろ書きたい事・言いたい事があります!ただ、ありすぎてページが見にくくなってしまうきらいがございますので、できる限りシンプルにまとめてみました。各種コーティングやフィルムなど、愛車にふさわしいメニュー選びの一助になればと思いますので、ぜひお読みいただきお役立てくださいませ♪

無料代車を豊富にご用意しております

無料代車が豊富

当店では、全てのお客様にお貸しできる数の代車をご用意させていただいております。利用料はもちろん「無料」です(ご使用になられた燃料代だけご負担いただきます)。 現在は以下車種をご用意させていただいております。※代車の車種は事前にお選びいただけません。ただし、「駐車場の関係で小型がいい」などのご要望にはお応えできるよう努めますので、ご事情のあられる場合はお早目にお申し付け下さい。

アルト

アルト白

アルト

アルト銀

ステラ

ステラ

タント

タント

N BOX

NBOX

デイズ

デイズ

ウェイク

ウェイク

スマート

スマート

ポルテ

ポルテ金

ポルテ

ポルテ緑

ポルテ

ポルテ白

VWポロ

ポロ

SAI

SAI

TOPへ戻る





お問合せ
ラインでお問合せ
052-888-8805